クレジットカードを作るにはネットで申し込むのが一番簡単で早い方法です。

銀行やショッピングセンターなどにも郵送用の申込み用紙が置いてあったりしますが、ネットの方が慣れている人も多いと思います。ネットならここで紹介しているサイトに行きそのまま申し込めます。もちろんスマホからも申し込めます。



準備するもの

ネットで申し込む前に準備しておく必要なものは次の通りです。

住所 クレジットカードは転送不要郵便で送られるので実際に住んでいて受け取れる住所が必要です
身分証明書 運転免許証、パスポート、住民票の写し、健康保険証など2
銀行口座 カード代金の引き落としに必要

クレジットカードはどれくらいで届く?

申込み後審査が通るとその後だいたい1週間ほどでカードが郵送で送られてきます。


オススメのクレジットカード

ここでは、スマホやパソコンから申し込める人気のクレジットカードをご紹介します。
学生や年齢など条件があるのでよく確認してから申し込みましょう。
30才になったらゴールドカード!
30歳以上の人にだけ持つ事が許されるゴールドカード(20代はプライムゴールド)。空港ラウンジや専用デスク、海外旅行損害保険など充実のサービスが魅力。前年度の利用実績でボーナスポイントがもらえる。ゴールドカードは通常のカードよりも審査が厳しく、カードを持つ事自体が信頼感とステータスの証になります。海外旅行傷害保険最高5000万円(カード払いでなくても傷害死亡・後遺障害1000万円)。家族カード1人目無料。「WEB明細+マイ・ペイすリボ」にすると年会費10,000円が4,000円に減額!ショッピング補償年間最高100万円、インターネット不正利用補償付き。安心してネットショッピングや旅行に使えます。
年会費初年度無料/次年度条件により4,000円〜10,000円
発行ネット申込みで最短3営業日
ブランドVISA
初めてカードを持つ学生・新社会人に!
初めてカードを持つなら世界シェアNo.1のVisa!。デビュープラスは18歳から25歳限定で持てるカード年会費は無料!、通常のカードよりポイントが2倍貯まる特典付き。26歳になるとプライムゴールドカードに自動的に切り替わります。海外旅行傷害保険は付きませんが、ショッピングプロテクションは年間最高100万円付きます。ETCカードも発行できるので車を持ってる人にも便利。分割払い、リボ払い、ボーナス払いにも普通に対応しています。
年会費初年度無料/次年度は1回以上の利用で無料
発行ネット申込みで最短3営業日
ブランドVISA
信頼感抜群!テレビCMでおなじみ
信頼の三井住友VISAカード!一見敷居が高いカードのように思われがちですが、通常のカードの他に学生や新社会人向けの「デビュープラス」や「女性専用カード」もあり初めてカードを持つ人もウェルカムなクレジットカードです。25歳未満からデビュープラス(年会費無料)を持っていれば26際以降に更新時には自動的にプライムゴールドカードに切り替わります。豊富海外旅行傷害保険、ショッピング補償、インターネット不正利用補償が付帯するので安心してネットショッピングや旅行に使えます。
年会費初年度無料/次年度条件により無料
発行ネット申込みで最短3営業日
ブランドVISA

楽天カード

顧客満足度4年連続第1位!
楽天カードは年会費永年無料、ポイント特典付き、ANAのマイル交換、楽天スーパーポイントがいつでも2倍、毎週金曜日10:00~翌週月曜日9:59はポイント3倍、海外旅行保険、ポイント有効期限無制限・・・と大変お得なカードです。日本版顧客満足度指数調査のクレジットカード部門で4年連続で1位を獲得。1枚持っていて損のないクレジットカードです。

年会費永久無料
発行最短5営業日
ブランドVISA, Master, JCB

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査ってどんなものだろうと気になる人も多いと思います。
クレジットカードの審査のポイントは、主に収入と実績です。

収入が無いあるいは低い人は審査が通りにくいことがあります。しかし、クレジットカードの種類によっては学生でもOKなカードや専業主婦でも審査が通るカードがあるのでよく確認しましょう。特にキャッシング機能の無いカードは審査が甘く発行までの時間も短いのが特徴です。ゴールドカードやプラチナカードになると、一定の年収が条件として入ってきます。

また、これまでクレジットカードを持ったことが無い人よりは既にクレジットカードを持っている人の方が審査が通りやすい場合があります。これは年齢にも関係するのですが、ある程度年齢が行っているのにクレジットカードを持ったことが無いというのは逆に不自然と考えられるからです。20代の若い人なら問題ないのですが、30代以上でこれまで1枚もカードを持ったことが無いと何か問題があるのではないかと疑われます。これまでカードを持ったことがあるかどうかは、個人信用情報機関で調べると分かるのでそういう情報を審査で使われます。個人信用情報機関は他社でお金を借りているか、カードを何枚持っているか、また支払いが遅れたことがないかといった情報を業者間で共有することで審査に利用するための組織です。つまり、個人信用情報機関を調べて多重債務があったり延滞などの金融事故があると審査に通りませんが、逆に何の情報もないというのも不自然でリスクと考えられます。一番いいのはカードを何枚か所有して利用履歴もあり支払いの延滞が無いという状態です。つまりカードを上手に使えているという実績です。

しかし、初めてカードを作る人はもちろん個人信用情報機関に情報はありません。それが若ければ普通のことですが、年齢が行っていると普通じゃないので怪しまれるのです。だから、社会人になったらクレジットカードくらいは作っておいた方が社会人としての信頼も上がると言えます。

クレジットカードの海外旅行保険を上手に使う方法

クレジットカードにはどのような使い方があるのでしょうか。カードがあれば現金を使わなくても支払いができるという基本的な使い方以外にも実は様々なお得な使い方があります。今日はその中でも海外旅行保険について記したいと思います。

実は、クレジットカードの中には無料で海外旅行保険が付帯しているものがあります。そしてそれを上手に用いると数ヶ月海外に滞在しても海外旅行保険の保障を受けることができるのです。

例えば、あるクレジットカードの海外旅行保険の期間が3カ月間だとします。基本的には1回海外に行って、それから3カ月が経ってしまうとそのカードの保険期間外となってしまいますので、保険が適用されなくなります。

しかし、別のクレジットカードでは、そのカードを使って旅行に関係する支払いをすれば支払いをした日から3ヶ月間保険を適用することができるのです。

つまり、1枚目のクレジットカードの保険期間が過ぎてから、2枚目のクレジットカードで何か旅行に関係する支払いをします。現地でクレジットカードを使って購入することは簡単にできるはずです。そして、支払いをした日から3ヶ月間は海外旅行保険が適用されるのです。

このように工夫すると、無料で長期間海外に滞在したとしても保険の保障を受けることができます。

クレジットカードの2枚持ちでさらに便利な生活

 クレジットカードは1枚しか持っていないと不便なのことがあるため、できれば2枚持ちするのがおすすめです。特にお出掛けや旅行が好きで電車をよく利用する人には、通常のショッピング用クレジットカードの他に交通系クレジットカードを所有していると移動の際の支払いが非常に楽です。

 たとえクレジットカードは持っていなくても、交通系電子マネーがそれで十分と思う人もいるかもしれません。ですが、クレジットカード機能のついている電子マネーのほうが何かと便利な利用ができます。その中でも便利なのがオートチャージで、改札でうっかり残高不足になり閉められるということがありません。わざわざ残高不足の度に現金をチャージするのは非常に面倒ですので、そうならないクレジットカードのオートチャージは移動の手間をかなり省きます。

 また、交通系のクレジットカード以外でも、2枚目のクレジットカードを持つ意味はあります。それは1枚目が何らかの理由で使えなくなってしまったときの代わりだったり、海外旅行の保障がとても充実していたり、ガソリンカードとして優れていたりなどです。ですので、1枚目はショッピング用のクレジットカードとして使い、2回目はそれ以外の用途でお得なクレジットカードを持つと便利です。

ゴールドカードを持つと実感できるメリットとは?

クレジットカードのなかでもスタータスが高いのがゴールドカードです。ある一定の条件を満たした人しか持つことができないカードがゴールドカードです。実はゴールドカードには様々な特典がついています。それはどのようなものなのでしょうか。今日はゴールドカードを持つことによって実感できるメリットについて記したいと思います。

まず最初のとりあげるメリットは空港のラウンジを利用することができるというものです。空港のラウンジとは飛行機の搭乗者が利用できるところです。そこでは飲み物、新聞、雑誌、wifiなど飛行機の待ち時間にくつろぐことができるようになっています。通常はお金がかかるところを無料で利用することができるのです。

次のメリットは海外旅行保険が付帯しているということです。これはゴールドカードでなくても付帯しているものが多いですが、ゴールドカードになるとさらに補償額が増えるようになります。また、一般のクレジットカードだと旅行に関する支払いをしないと保険が適用されませんが、ゴールドカードだと自動付帯といって、カードを持っているだけで補償されるようになります。このようにゴールドーカードだと保険の内容、補償額も大きく変わってくるのです。

クレジットカードを使いすぎないためのコツ

クレジットカードをインターネットでの買い物に利用しているといつも使いすぎてしまいます。

また毎月利用明細票が送られてきてからびっくりして口座を確認することもあります。

このようなことを起こさないために知っておきたいのが、ネットで簡単に使用状況を確認する方法です。

まず最初にしておきたいのが、メールの設定です。口座からお金が引落されるたびにメールを受信しているとお金の使い過ぎに気がつくことができます。

そして何に支払ったのか口座情報で調べることで、無駄なサービスを減らすことができます。インターネットを利用していると便利なサービスを利用するために、思いつきで登録してしまうことがあります。

毎月300円くらいの支払いはあまり気にならないので、そのまま課金を続けてしまいます。このような数百円の課金を見直すことでクレジットカードの使い過ぎを防ぐことができます。

また複数のカードを利用しているとポイントが効率よく貯まらないので損をしてしまいます。複数のクレジットカードに登録してもいいですが、メインのカードを決めておくとポイントを効率よく貯めることができます。ポイントは1つのカードを集中的に利用してたくさんためるとお得です。

クレジットカードと総量規制の関連とは

総量規制は2010年の改正貸金業法によって完全導入された制度で貸金業者は顧客に年収の三分の一までの貸付しかできなくなりました。クレジットカードは一見すると総量規制とは関連がなさそうに思われますが、実は大いに関連があるのです。

クレジットカードは通常の購入に利用するショッピング枠とキャッシングに利用するキャッシング枠の2つの機能を持っています。ショッピング枠は総量規制とは関連性がないのですが、キャッシング枠は総量規制の対象となりました。つまり、クレジットカードを発行している会社はクレジットカードのキャッシング枠においては貸金業者として貸金業法の適用を受けることになったのです。クレジットカードのキャッシング枠の利用限度額にまだ余裕があるのに、キャッシングができない場合には総量規制に引っ掛かっている可能性があります。

以前にはクレジットカードにはキャッシング枠を設定する方が当たり前でしたが、最近では総量規制の対象になったこともあり、クレジットカードのキャッシング枠を設定しないことも増えてきました。実際にはクレジットカードのキャッシング枠を設定しないクレジットカードの申し込みの方が審査がスピーディで通りやすいようになったようです。

体験談

05/19 旅行にはクレジットカードが必須になりました。
普段の買い物にはまだあまりクレジットカードを利用していないのですが、旅行の際には必ずクレジットカードを携帯します。 どちらかと言えば現金支払い派なのですが、旅先ともなるとATMを探す・利用する時間がもったいないですし、そこでしか出会えないものに、手持ちがないから買えなかった・体験できなかったということがあってはつまらないからです。 海外旅行の際はもちろんですが、国内旅行でもクレジットカードを多用しています。 帰省の際にも飛行機を利用することから、検討の末ゴールドカードを持つことに...続きを読む
05/19 大学生になって初めてもったクレジットカード
私が初めてクレジットカードを作ったのは、大学に入学した年のことでした。入学式の後、オリエンテーションで大学生協についての説明があり、そこで生協の会員証と一体化したクレジットカードの作成を勧められたんです。 一緒に来ていた両親は、クレジット機能のないものを持たせたいようでしたが、私としてはこの機会にクレジットカードを持ってみたいという気持ちも強く、申し込んでみることにしたんです。 両親が懸念していたのは、後払いというクレジットカードの仕組みを私が上手に使えるのかということ、そして万が一...続きを読む
05/19 クレジットカードをゴールド以上にする意味
クレジットカードは一般会員とゴールド会員では、やはり感じるサービスの違いも大きいですよ。まあ実際には「違いを感じる」だけではなく、しっかりと差異はあるのですけれど。 とくにクレジットカードの場合ですと、カスタマーセンターへのつながり具合は、一般会員とゴールド会員では全くと言って良いぐらいに違ってきますからね。ゴールド会員以上のクレジットカードのステータスになりますと、専用のカスタマーデスクが設けられていることが多いですから。 専用のカスタマーデスクですから、当然つながりもスムーズなわけ...続きを読む
05/05 クレジットカードを作るときが稼ぎ時
クレジットカードを作るときにはどのようにしているでしょうか。 私はクレジットカードを作るときに一工夫をして、大きなプラスアルファを得ています。もし、クレジットカードを作ろうと考えている人がいるなら、簡単にできる方法なので実践してみてはどうでしょうか。 方法は簡単です。クレジットカードをインターネット経由で申し込むときに、直接クレジットカードの申し込みのサイトから申し込むのではなく、ポイントサイトを間に入れて申し込むだけです。ポイントサイトに会員登録をしなければなりませんが、会費などはかからな...続きを読む
05/05 クレジットカードは使い分けを!
専業主婦の私は、大手スーパーが発行しているクレジットカードを2枚使い分けて利用しています。なぜ、使い分ける必要があるのかと言うと、それは、割引を受けるためです。 主に生活用品や食料品を購入するスーパーのクレジットカードは、月に数回、指定のクレジットカードで買い物する事で、5%、10%の割引を受ける事ができます。 一方、もう一つのクレジットカードの場合、主に衣類を購入する事が多い為、金額も高くなる事が多く、クレジットカードを使用し、支払いする事で受ける事ができる割引は、非常に大きな額になってきます...続きを読む

このページの先頭へ